長野県松本市 なお歯科

幼児から大人までの歯の病気・予防治療のための保険外専門歯科クリニック


安全に美しい歯を取り戻せるインプラント治療


前歯を失った場合(1本)

失った部分にインプラントを一本埋め込みます。健康保険では健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて図式するか、部分入れ歯で治療しています。しかし、インプラントを用いることで健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を複数本失った場合

これまでは、局部的な入れ歯を用いて治療をおこないました。しかし、インプラントを何本か用いてブリッジ式に治療をすることにより、入れ歯を固定する金属のバネによる入れ歯使用時の違和感もなくなるほか、入れ歯による衛生上のデメリットも防ぐことができます。

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療が可能です。インプラントなら、24時間不自由のない健康な歯を取り戻すことができます。入れ歯のように、食べ物が入れ歯との口腔粘膜の間に詰まったり、経年で入れ歯が合わなくなることや、面倒なお手入れも不要です。
さらに、費用を安くするためにインプラントを数本のみ埋入して、動くことのない入れ歯式のものを作製することもできます。

すべての方がインプラント治療ができるわけではありません。
確かな検査とまず、あなたにあった最良の歯科治療をご提案いたします。


歯肉が適合しないケース

保険外歯科治療を行う当院では、世界中で高い評価の2種類のフィクスチャーを選択します。(前歯、奥歯等)

歯が残せるケース

保険外歯科治療を行う当院では、世界中で高い評価の2種類のフィクスチャーを選択します。(前歯、奥歯等)

今すぐにはできないケース

保険外歯科治療を行う当院では、世界中で高い評価の2種類のフィクスチャーを選択します。(前歯、奥歯等)

インプラント治療の流れ

なお歯科では、世界中で高い評価のある日本製のインプラントを採用しております。


口腔内診査・治療計画・精密検査

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療を行います。インプラントなら、食べ物が入れ歯との口腔粘膜の間に詰まったり、入れ歯が合わなくなったり、入れ歯の手稲なども不要になります。また、24時間不自由のない健康な歯を掘り戻すことができます。その後、インフォームドコンセントに入ります。

術前処置

インプラント治療を行う前に、必要な口腔内環境を整えるための治療を行います。虫歯の処置や歯周病の治療などがあります。

一次手術:インプラントの埋入手術

歯科用インプラント(人口歯根)を顎(あご)の骨に埋入(まいにゅう)する手術を行います。

治療期間

基本的に歯科用インプラントは、骨としっかり結合されるまでの治療期間が必要です。その治療期間は、おおよそ下顎(かがく)で3カ月、上顎(じょうがく)では6カ月を必要とします。

二次手術:アバットメントの取り付け

アバットメント(歯の土台)の取り付けを行います。

人口の歯の作製

歯科用インプラントの部分を含めた口腔内全体の印象採取(型取り)を行い、失われた歯の部分を作製していきます。作製後、人口の歯をアバットメント(歯の土台)に装着して完成です。

メンテナンス

インプラントを長期間安定して使い続けるためには、適切なホームケアと定期検診によるプロッフェショナルケアが不可欠です。担当医の指示に従い、適切なメンテナンスプログラムを実施してください。(基礎疾患のない方は6カ月に一度が目安となります。)